スペースX、今度は宇宙船の空中停止に成功

スペシャリスト:
Sponsored link

 

アメリカの宇宙開発企業スペースX社は2016年1月21日、前年の11月24日に行われた、ドラゴン2宇宙船のホバリング(空中停止)テストの動画を公開した。

動画では、ワイヤーで吊り下げられたドラゴン2宇宙船が、ロケット噴射でわずかに持ち上がったまま、ほとんど動かない状態で制御されていることがわかる。

スペースXが現在運用しているドラゴン宇宙船は、パラシュートで降下し海上に着水する。これはアポロ宇宙船など、これまでのアメリカのカプセル型宇宙船と同様の方法だが、新型のドラゴン2宇宙船は陸上へソフトに着陸することを目指している。海上への着水と比べて、船で回収する費用が掛からない、海水で濡れないため再使用しやすい、有人宇宙船の場合は乗員の負担が小さいといったメリットがある。

Sponsored link

ロシアのソユーズ宇宙船はパラシュートで陸上に着陸しているが、着地の直前に短時間の強力なロケット噴射で速度を落とすという程度で、着地の衝撃は小さくないし、転倒することもある。これに対し、ドラゴン2はSF映画の宇宙船のように、ゆるやかに減速してソフトに着陸する。今回公開された試験の動画では、この精緻な制御が成功しているように見える。

またカプセル型有人宇宙船には通常、ロケットで打ち上げられる際の脱出用ロケット、軌道上で使用するための軌道変更用ロケットが個別に装備されるが、ドラゴン2宇宙船は8基の「スーパドラコ」エンジンが脱出用、軌道変更用、着陸用を兼用しており、コストダウンに貢献している。

ドラゴン2宇宙船は2017年から、NASAの委託で国際宇宙ステーションへの宇宙飛行士輸送を開始する予定。

 

Dragon 2 Propulsive Hover Test(youtube)

Sponsored link
大貫 剛
東京都庁に技術職職員として11年間勤務後、民間宇宙開発を志して退職。ベンチャーを経て、宇宙開発や前職の経験を生かして公共事業に関する解説などの、情報発信をしている。宇宙作家クラブ会員。

スポンサー

NEWS

コラム

  • イベント情報

  • 人気記事ギャラリー≫