スペースシフト、誰でも超小型衛星を作れる開発キット「ARTSAT KIT」の販売を開始

スペシャリスト:
Sponsored link

0205artsat-kit

スペースシフトは2月3日、超小型衛星キット「ARTSAT KIT」をクラウドファンディングサービス「Makuake」にて販売を始めた。最初の1機目は人工衛星キットとしては破格の40万円より購入可能(打ち上げ費用含まず)。およそ2か月で100万円の調達を目指すという。

超小型衛星キット「ARTSAT KIT」は、東京大学と多摩美術大学の共同プロジェクとして作られた超小型衛星「ARTSAT1:INVADER」をベースとした人工衛星開発キット。10cm四方の超小型サイズの「ARTSAT1:INVADER」は、2014年2月28日にH-IIAロケット23号機で打上げられ、地球の写真を撮影したほか、姿勢角度や温度など衛星のデータを地上に送信し、それを元にしたアート展示などを行った。

Sponsored link

今回、クラウドファンディングで販売が開始された「ARTSAT KIT」は、その衛星の設計を引き継ぎ、改良を重ねて作られたもの。従来オーダーメイドである人工衛星をキットとして商品化することで、宇宙工学やロボット工学を教える大学などの教育機関はもとより、宇宙開発に興味のある個人でも入手可能な低価格を実現したという。

これまでも海外のサイトから人工衛星のキットを購入することは出来たものの、注文の煩雑さや100万円以上の高い価格、また肝心のマニュアル類が全て英語であることなどを理由に、利用は非常に困難な状況にあったという。

同社では、「このクラウドファンディングのプロジェクトを通じて、より多くの人に宇宙に興味を持ってもらうとともに、未来の日本の宇宙開発を支える技術者育成の一助になればと願っています」とコメントしている。

Image Credit: スペースシフト

■超小型衛星開発キット「ARTSAT KIT」をクラウドファンディングサービス「Makuake」にて販売開始! | SPACE SHIFT
http://www.spcsft.com/archives/1101

Sponsored link
タグ:
Sorae.jp編集部
「sorae(そらへ)」は宇宙に関する最新ニュースや最先端の技術情報などを、スピーディーかつ分かりやすく紹介していきます。「sorae(そらへ)」という名前には、「宇宙(そら)へ行きたい」、「宇宙(そら)を知りたい」、「空を飛びたい」、「夜空の星を眺めたい」など、読者の「そらへ」対する憧れや希望、知的好奇心に応えたいという想いが込められています。

スポンサー

NEWS

コラム

  • イベント情報