JAXA、「革新的衛星技術実証1号機のテーマ公募」選定結果を発表

スペシャリスト:
Sponsored link

0210epsilon

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2月9日、2017年度に「イプシロン」ロケットで打ち上げられる予定の「革新的衛星技術実証1号機」に搭載する実証テーマの選定結果を発表した。

この計画は、宇宙基本計画上の「宇宙システムの基幹的部品等の安定供給に向けた環境整備」の一環として、超小型衛星を活用した基幹的部品や新規要素技術の軌道上実証を適時かつ安価に実施するもので、宇宙分野を支える技術基盤・産業基盤の持続的な維持・
発展、衛星産業の国際競争力の獲得・強化や、新規の民間企業などの参入や宇宙利用の拡大の促進、チャレンジングかつハイリスクな衛星技術/ミッションの開発・実証できる機会を確保することなどを目的としている。

Sponsored link

募集は昨年10月から11月にかけて行われ、応募のあった32テーマの中から、「ミッションの意義・価値(衛星技術/競争力向上、イノベーション創出、宇宙産業活性化に資する可能性等)」、「技術的実現性(インタフェース要求、安全要求等への適合性、開発実現性等)」の2つの観点から、「革新的FPGAの耐宇宙環境性能軌道上評価」や「X帯2-3Gbpsダウンリンク通信の軌道上実証」、「海外新興国への衛星開発教育支援により衛星利用及び海外市場を拡大するための地球観測マイクロ衛星の提案」、「3Uキューブサットによる高機能展開膜構造物の宇宙実証」など、計12テーマが採択された。

これらは本体衛星となる小型実証衛星に搭載して実証を行うもの(部品およびコンポーネント)、50kg級の超小型衛星として打ち上げるもの、さらに小さなキューブサットとして打ち上げるものがそれぞれ含まれており、今後、打上げに向けて、必要な取決めの締結、技術調整、安全審査などの準備が進められ、2017年度にもイプシロン・ロケットで打ち上げられる予定となっている。

Image Credit: JAXA

■Pick Up:研究開発部門
http://www.ard.jaxa.jp/pickup/kakushin.html

Sponsored link
Sorae.jp編集部
「sorae(そらへ)」は宇宙に関する最新ニュースや最先端の技術情報などを、スピーディーかつ分かりやすく紹介していきます。「sorae(そらへ)」という名前には、「宇宙(そら)へ行きたい」、「宇宙(そら)を知りたい」、「空を飛びたい」、「夜空の星を眺めたい」など、読者の「そらへ」対する憧れや希望、知的好奇心に応えたいという想いが込められています。

スポンサー

NEWS

コラム

  • イベント情報