7砲身パンチは終わらず! A-10攻撃機、今後も無期限に運用される模様

スペシャリスト:
Sponsored link


 
装備した30mm GAU-8のガトリング砲ことアヴェンジャーで目標を木っ端微塵に破壊する、ロマンに溢れた米空軍の「A-10攻撃機(愛称:ウォートホッグ)」。のろますぎるという評価を実力で押し返し、40年近くも活躍してきました。そして今回、非公式ながらその運用が無期限で続けられるとの報道が海外にて伝えられています。
 
じつはこのA-10、総合打撃戦闘機計画(JSF)のもと開発されたF-35 ライトニングIIへと2021年までに置き換えられる予定でした。しかし9月には米空軍からISISとの戦闘での必要性から退役は延期されるだろうと伝えられ、さらに米空軍資材コマンドは今後もメンテナンスや修理用資材の提供を「無期限」に続けることになったのです。
 
また、米空軍はA-10の「翼の交換プログラム」の準備も進めています。20億ドル(約2100億円)を費やすこの交換プログラムにより、A-10は2028年まで支障なく飛行を続けられることになります。
 

 
1970年代に導入されたA-10攻撃機は、現在では米空軍唯一の近接航空支援専用機です。のろまで無骨なスタイルの同機は強力なアヴェンジャーを含む兵装の積載量の多さや滞空時間の長さから、今でも最先端戦闘機とは異なる需要があるのです。
 
開発にあたっては「空飛ぶ悪魔」「ソ連人民最大の敵」とまで呼ばれたドイツ空軍最強のパイロットことハンス・ウルリッヒ・ルーデルの助言もあったとされる、A-10攻撃機。その設計思想は今でも米軍から厚い信頼を得ているようですね。
 
Image Credit: U.S. Air Force photo/Tech. Sgt. Cecilio M. Ricardo Jr.
■U.S. Air Force Fires Up the A-10 Depot Line to Keep Warthogs Flying ‘Indefinitely’
http://www.popularmechanics.com/military/a23537/air-force-fires-up-depot-line-keep-a-10s-flying-indefinitely/

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、VR Inside、DIGIMONO!、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー

NEWS

コラム

  • イベント情報

  • 人気記事ギャラリー≫