小天体「2016 WF9」が地球に最接近 来年2月とNASA発表 別彗星も1月に太陽接近

スペシャリスト:
Sponsored link

20161231ncom
 
NASAのNEOWISEプロジェクトは12月29日、2つの地球近傍天体を発見したと発表しました。そのうち片方の「C/2016 U1(NEOWISE)」は彗星で、もう片方の「2016 WF9」は彗星なのか小惑星なのか現時点では不明です。
 
まず彗星か小惑星か判別されていない「2016 WF9」は、今年11月後半に発見されました。4.9年の周期で木星を追うように太陽を周回するWF9は0.5km〜1kmの天体で、2017年の2月後半に地球から3200万マイル(約5100万km)以内の場所を通過します。ただし、地球への衝突の可能性は指摘されていません。またその起源は不明で、形やサイズ、反射率は彗星のようですが、彗星特有のガスやチリの雲、そして尻尾がないという不思議な天体です。

 
次に彗星の「C/2016 U1 NEOWISEですが、こちらは数千年の周期で太陽の周りを移動しています。そして来年の1月初週には、北半球では夜明け前の南東の空に短い時間出現します。この彗星は南に向けて毎日移動し、1月14日には太陽に最も近い水星軌道の内側に到達する予定です。
 
この「C/2016 U1 NEOWISE」について、NASAのジェット推進研究所で地球近傍天体の研究をしているPaul Chodas氏は「高性能な双眼鏡なら観測できる可能性はありますが、その明るさがどれくらいのものなのかは予測がつきません」と語っています。
 
NEOWISEとは地球近傍での広域赤外線探査(Near-Earth Objects WISE)を行うプロジェクト、及び探査機のことで、2009年よりまず全天を観測するWISEとして打ち上げられました。今回の2016 WF9は地球から離れた地点を通過するので、映画「君の名は。」のようなリスクはなさそうです。
 
Image Credit: NASA/JPL-Caltech
■NASA space telescope spies a comet, possibly two
http://www.upi.com/Science_News/2016/12/30/NASA-space-telescope-spies-a-comet-possibly-two/4161483118892/
■NASA’s NEOWISE Mission Spies One Comet, Maybe Two
http://www.jpl.nasa.gov/news/news.php?feature=6712

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、ねとらぼ、healthy-living、VR Inside、DIGIMONO!、@DIMEなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー

NEWS

コラム

  • イベント情報

  • 人気記事ギャラリー≫