スペースX、ロケット打ち上げを1月14日に延期 悪天候予測のため

スペシャリスト:
Sponsored link

20170109nx
 
昨年9月1日のロケット爆発事故から調査報告を終え、FAA(連邦航空局)からの承認も勝ち取ったスペースX。その4ヶ月ぶりとなるロケット打ち上げは、予定されていた1月9日からひとまず1月14日へと延期されることになりました。理由は悪天候が予想されるためです。
 


 
今回、スペースXの「ファルコン9」ロケットはイリジウム・コミュニケーションズ社の人工衛星「Iridium NEXT」を10個打ち上げる予定です。そしてイリジウム社のツイートによれば、次回の打ち上げ日時は太平洋時間で1月14日(土曜日)の9時54分34秒日本時間に換算すると1月15日(日曜日)の2時54分34秒になります。
 
ファルコン9の打ち上げはカリフォルニアのヴァンデンバーグ空軍基地から行われます。ヘリウムの圧力容器(COPV)の構造上の問題を突き止め、ひとまず注入ヘリウムの温度調整や注入手順の変更によって安全な打ち上げを目指すスペースX。その打ち上げまでもう一週間弱、地上で待つことになりそうです。
 
Image Credit: SpaceX/NASA
■Twitter(SpaceX)
[https://twitter.com/SpaceX/status/818137294779478016]
■Twitter(Iridium Corporate)
[https://twitter.com/IridiumComm/status/818093126078332930]

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、VR Inside、DIGIMONO!、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報