日本の翼の力。JALとANAが「安全な航空会社 2017」10位と11位にランクイン

スペシャリスト:
Sponsored link

20170110njalana
 
民間航空会社の故障データを収集しているJACDECが、毎年公開している「安全な航空会社ランキング(JACDEC Airline Safety Ranking 2017)」。その2017年版(2016年データ)にて、日本のJAL(日本航空)とANA(全日本空輸)が10位と11位へのランクインを成し遂げました!
 
JALは2016年版では9位、2015年版では44位と、近年大きくその順位を上げています。一方ANAは2016年版で15位、2015年版で11位と安定して高い安全性の指標を受けています。なお、2017年版の安全ランキングのトップスリーはキャセイパシフィック航空、ニュージーランド航空、海南航空とアジア・オセアニア地域に集中しています。
 
さらに定時到着率などを分析しているFlightStatsによれば、2016年のデータにてJALアジア・パシフィック主要航空会社メインライン部門の第1位を獲得しています。JALの定時到着率は87.80%で、主要航空会社ネットワーク部門でも世界第3位と極めて高い数字です。またANAもアジア部門、そして主要航空会社ネットワーク部門で高い評価を受けています。
 
これまでも、そしてこれからも。日本の航空会社の安全性と定時性が高いレベルで維持されることを期待したいですね。
 
Image Credit: Wikimedia Commons
■Airline Safety Ranking 2017
http://www.jacdec.de/airline-safety-ranking-2017/
■JAL、2016年の定時到着率でアジアパシフィック地域1位に
http://press.jal.co.jp/ja/release/201701/004097.html

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、VR Inside、DIGIMONO!、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー

NEWS

コラム

  • イベント情報

  • 人気記事ギャラリー≫