ボーイング、真っ青な「新宇宙服」初披露 スターライナー宇宙船で利用

スペシャリスト:
Sponsored link

20170126ns0
 
すこしSFっぽさを感じます。ボーイングは25日、新宇宙服「Boeing Blue」を発表しました。これは、将来ボーイングの宇宙船でISS(国際宇宙ステーション)などへと向かう宇宙飛行士のための宇宙服です。
 
これまでのNASAなど宇宙服に比べると、Boeing Blueはなんともシンプルなデザイン。そしてその重量も約9kgと、従来の宇宙服の約13.6kgに比べて40%も軽量化されているのです。また見た目もスリムで、動きやすそうなイメージですね。

Sponsored link

20170126ns1
 
このBoeing Blueは気密性が確保されているのはもちろんですが、その他にも「内部が涼しい」という特徴があります。特別なデザインのお陰で外部冷却装置は必要なく、ヘルメットも小型化。またヘルメットはファスナーで開閉します。
 
そして手袋(グローブ)はタブレットなどのタッチスクリーンが触りやすい設計に。スニーカー風の靴は滑りにくく、通気性に優れています。またポリカーボネード製のバイザーは視野が広く、通信装置はヘルメットの中に内蔵されているのです。
 
ボーイングは現在ISSへの商業宇宙飛行士輸送のために、カプセル型有人宇宙船「CST-100 スターライナー」を開発しています。そしてそこに搭乗する宇宙飛行士は、このBoeing Blueを装着することになるのです。CST-100 スターライナーの有人初飛行は2018年12月、あるいはそれ以降を予定。そのときにはこの美しいBoeing Blueをまとった宇宙飛行士を見ることができるでしょう!
 
Image Credit: Boeing
■Boeing Starliner spacesuit makes public debut: minimalist and very blue
https://www.slashgear.com/boeing-starliner-spacesuit-makes-public-debut-minimalist-and-very-blue-25472938/
■The Starliner spacesuit is revealed publically for the first time
http://www.boeing.com/features/2017/01/space-suit-01-17.page

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、VR Inside、DIGIMONO!、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー

NEWS

コラム

  • イベント情報