国産ジェット「MRJ」 ロックフォワードで自然着氷試験などを実施

スペシャリスト:
Sponsored link

20170228nmrj1
三菱航空機(株)提供
 
三菱航空機は2月28日、「MRJ Newsletter」の第22号にて現在開発が進められているリージョナルジェット「MRJ」の進捗状況などを公開しました。
 
現在初号機と2号機、4号機が米国ワシントン州のモーゼスレイクに渡って試験を継続しているMRJですが、今回の自然着氷試験が行われたのはイリノイ州ロックフォワードのシカゴ・ロックフォワード国際空港。試験では機体の着氷状況や着氷を防ぐシステムの性能分析が行われました。
 
また今後はフロリダ州エグリン空軍基地のマッキンリー極限気候研究所にて、極寒や酷暑などの条件下のテストが予定されています。
 
20170228nmrj2
三菱航空機(株)提供
 
現在MRJの開発では外国人エンジニアが増員され、プロジェクトが進められています。型式証明の取得までは平坦な道のりではありませんが、ぜひとも乗り越えて2020年半ばの納入へとこぎつけてほしいものです。
 
Image Credit: 三菱航空機
■MRJ
http://www.flythemrj.com/j/

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、VR Inside、DIGIMONO!、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー

NEWS

コラム

  • イベント情報