スペースXの再使用ロケット、打ち上げ実施し着陸に成功! 格安打ち上げ実現へ

スペシャリスト:
Sponsored link

20170331nx1
 
宇宙開発企業のスペースXは3月30日、再利用ロケットの「ファルコン9」の打ち上げをケネディ宇宙センターより実施しました。現在ロケット第2段は人工衛星切り離しのために飛行を続けており、第1段は無事にドローン船へと着陸を果たしています。
 
今回打ち上げられたファルコン9の第1段は、2016年の4月8日に打ち上げられドローン船に着陸したもの。その時はISS(国際宇宙ステーション)へとドラゴン補給船を打ち上げました。そしてスペースXはとうとう、ロケット第1段の再使用に成功したのです。
 
20170331nx2

 
これまでスペースXがロケットの着陸から回収、そして再使用を目指していたのは、ひとえに打ち上げコストの低減が目的です。同社の公式ホームページによれば、ファルコン9の打ち上げコストは通常6200万ドル(約70億円)。しかしロケットの第1段を繰り返し利用できれば、その費用は大幅に下がることが期待されるのです。
 
そして、今回ロケットに搭載されたのはルクセンブルクのSESの通信衛星「SES-10」。同人工衛星はラテンアメリカ地域に放送サービスを提供する予定です。
 
Image Credit: SpaceX
■SpaceX to Launch Used Rocket for 1st Time Tonight: Watch Live
http://www.space.com/36269-spacex-used-rocket-launch-watch-live.html

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、FLIGHTS、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報