ボーイング「787-10」、サウスカロライナにて初飛行を実施

スペシャリスト:
Sponsored link

20170404n78710
 
ボーイングは3月31日(現地時間)、新型ジェット機「787-10」の初飛行をサウスカロライナの飛行場にて行いました。飛行時間は5時間ほどで、特にトラブルなどは起きませんでした。
 
今回の初飛行に携わったのは、パイロットのTim Berg氏とMike Bryan氏。Berg氏は「テイクオフから着陸まで、飛行機は順調に、そして予定通りに飛行しました」と語っています。
 
ドリームライナーの愛称でも知られるボーイングの「787」において、「787-10」は長胴型に相当します。787-9よりも5.5m胴体が延長され、座席数は330席に拡張。さらに座席あたりで25%の燃費向上や、同サイズ機より10パーセント飛行効率を向上させています。
 
なお787-10は世界9社の航空会社から合計149機の受注を受けており、ANAホールディングスも3機の導入を計画しています。ANAによる運用開始は2019年〜2020年の予定です。
 
Image Credit: Boeing
■Boeing 787-10 Dreamliner makes first test flight
http://newatlas.com/boeing-787-10-first-flight/48734/

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、VR Inside、DIGIMONO!、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー

NEWS

コラム

  • イベント情報