天王星の幻想的なオーロラと環 ハッブル捉える

スペシャリスト:
Sponsored link


 
この美しい画像は、太陽系第7惑星の「天王星」のボイジャー2号とハッブル宇宙望遠鏡の2回の観測結果を合成したもの。ハッブル宇宙望遠鏡の観測では片方で天王星の環を、もう片方で天王星のオーロラを捉えることに成功しています。
 
このようなオーロラは地球でもおなじみなだけでなく、木星や土星のオーロラも有名です。しかし天王星のものは、あまり研究が進められてきませんでした。しかし2011年のハッブル宇宙望遠鏡による観測を皮切りに、徐々にその姿が明らかになっていったのです。
 
さらにパリ天文台による2012年と2014年の観測では、オーロラが天王星の自転とともに移動していること、またボイジャー2号の観測以来わからなくなっていた磁極も観測することに成功しています。
 
Image Credit: NASA
■Hubble Spots Auroras on Uranus
https://www.nasa.gov/image-feature/goddard/2017/hubble-spots-auroras-on-uranus
■Auroras on Uranus Dazzle in New Hubble Telescope Views
http://www.space.com/36416-uranus-auroras-hubble-voyager-photos.html

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、VR Inside、DIGIMONO!、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー

NEWS

コラム

  • イベント情報