小惑星探査機「はやぶさ2」 L5点付近でトロヤ群小惑星観測へ

スペシャリスト:
Sponsored link

20170413nhaya
 
地球近傍小惑星 「リュウグウ」を目指し、移動を続ける小惑星探査機「はやぶさ2」。リュウグウへの到達は2018年の6月から7月とまだ先ですが、その前に「太陽ー地球系のL5点付近の観測」という興味深いミッションを行うことになりました。
 
20170413nhaya2
 
そもそもL5点とは、ラグランジュ点のひとつ「L5」を意味します。これは例えば太陽ー地球系で他の天体の影響を無視すれば、天体の重力と遠心力がつりあいバランスを取って太陽を公転する場所となります。
 
そして、このL4点やL5点付近には小惑星などの天体が多く存在していることが予測されています。ですので今回、はやぶさ2は搭載したカメラで太陽ー地球系でのトロヤ群小惑星が発見できるかを試みるのです。
 
はやぶさ2によるL5点の撮影は4月18日頃を予定しています。またJAXAの発表によれば、探査機から30万キロメートル以内に直径100メートルほどの小惑星があれば撮影が可能だそうです。リュウグウ観測の前の思わぬ手土産ができるのか、なかなか楽しみですね。
 
Image Credit: JAXA
■太陽−地球系のL5点付近の観測について
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20170411/

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、VR Inside、DIGIMONO!、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー

NEWS

コラム

  • イベント情報