海外アップル、パスポートサイズのセルフィードローン「Hover Camera」を販売開始

スペシャリスト:
Sponsored link

20170413napple
 
2016年4月に発表され、大きな反響をよんだセルフィードローンの「Hover Camera」。2つに折りたたむとパスポートサイズにまでコンパクトになる設計は素晴らしく、すぐに製品化されました。そしてこの「Hover Camera」が、海外アップルのオンラインストアや店舗にて販売が開始されています。価格は499.95ドル(約5万5000円)です。
 
これまでもDJI製のドローンを販売してきたアップルですが、「Hover Camera」はアメリカ、カナダ、中国、香港、イギリスのオンラインストア、そして実際の店舗で販売を開始。さらに製造元のZero Zero Roboticsとの協力で、店舗ではドローン飛行のデモも行われる予定です。
 

 
本ドローンは本体がカーボンファイバー製で、242グラムと軽量。また時速17マイル(約時速27キロ)での飛行が可能です。カメラ解像度は1300万画素で、4K動画の撮影も可能。さらに360度のパノラマビデオも撮影できます。満充電状態時の飛行時間は10分ほどです。
 
飛行には、iOS用のアプリを利用。また飛行には人工知能を、そしてビデオ編集には機械学習を利用して、簡単な飛行操作と自動でのビデオクリップの編集が可能だと主張しています。
 
アップルで「Hover Camera」を購入した場合、2つのバッテリーと1つの充電器、アダプターやキャリーバッグが付属します。このように気軽にドローン飛行が楽しめる「Hover Camera」、日本のアップルストアでの販売開始が待ち遠しいですね。
 
Image Credit: Apple
■Apple begins selling lightweight Hover Camera Passport drone & offering in-store demos
https://9to5mac.com/2017/04/12/hover-camera-passport-drone-apple-store/


Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、VR Inside、DIGIMONO!、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報