世界初「浮遊球体ドローンディスプレイ」ドコモが開発 360度に広告表示

スペシャリスト:
Sponsored link

20170417ndrone1
 
NTTドコモは4月17日、360度に広告などを表示できる「浮遊球体ドローンディスプレイ」を世界で初めて開発したと発表しました。
 
似たような全面に広告を表示できる気球型ドローンはこれまでも登場してきましたが、本ドローンは環状のフレームにLEDを並べ、LEDを高速回転させることで映像を表示します。つまり、LEDの残像で映像を表現しているのですね。また映像の表示位置も変えることが可能となっています。
 
ドローンの最大直径は約88cmで、重量は3.4kg。ディスプレイは縦144ppiと横136ppiと若干解像度が低い気もしますが、実際の表示を見るときちんと世界地図が表示できていることがわかります。
 
そして本ドローンも、イベントでの広告表示や演出などとしての利用が想定されています。NTTドコモとしては今後は2018年度の商用化を目指し、さらに4月29日から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議」の「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」にてデモ飛行を予定しているとのことです。
 
Image Credit: NTTドコモ
■世界初、「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/04/17_00.html

Sponsored link
Sorae.jp編集部
「sorae(そらへ)」は宇宙に関する最新ニュースや最先端の技術情報などを、スピーディーかつ分かりやすく紹介していきます。「sorae(そらへ)」という名前には、「宇宙(そら)へ行きたい」、「宇宙(そら)を知りたい」、「空を飛びたい」、「夜空の星を眺めたい」など、読者の「そらへ」対する憧れや希望、知的好奇心に応えたいという想いが込められています。

スポンサー

NEWS

コラム

  • イベント情報