有線ドローンと自動運転車で長時間飛行! エアロセンスが披露

スペシャリスト:
Sponsored link

20170421ndrone
 
ソニーとZMPが共同設立したエアロセンスは4月21日、有線接続のドローンと自動運転車を組み合わせた、ドローンの自律飛行に関する取り組みを開始したと公開しました。
 

 
この取り組みでは、エアロセンスの自動運転車「RoboCar MV2」や物流支援ロボットCarriRo(キャリロ)から有線接続にて自律飛行ドローンへと給電を行います。動画を見ると、発電機から伸びるケーブルがドローンの移動を妨げることなく、ちょうどいいテンションを維持していることがわかりますね。
 
ドローンには長時間飛行の難しさ、そして大容量データの送信が難しいなどの問題があります。しかし有線接続された自律飛行ドローンなら飛行時間を大幅に延長することができ、さらに大容量データも地上の自動運転車に保存、あるいはそこから転送することができます。
 
このような有線ドローンは長時間の巡視業務などへの応用が想定されています。まるで凧揚げのような有線ドローンを街なかでも目にする日が、いずれくるかもしれませんね。
 
Image Credit: ZMP
■エアロセンスとZMP、ドローンと自動運転車を連携した有線給電自律飛行の取り組みを開始
http://www.zmp.co.jp/news/pressrelease_20170421?lang=jp

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報