世界最大のハイブリッド飛行船「Airlander 10」 再び空を飛ぶ

スペシャリスト:
Sponsored link

20170512nairlander10
 
初飛行に成功したり、引っかかって落ちたりとなにかとお騒がせな世界最大の飛行船「Airlander 10」。こちらが以前のクラッシュの修理を終え、ロンドン北部のカーディントン飛行場にて再び3時間の飛行を実施しました。
 
エンジンの推力も利用する、飛行船と飛行機の中間ともいえるハイブリッド飛行船のAirlander 10。今回の飛行では、新型の予備着陸装置(ALS)もテストされています。こちらはフライトデッキの両サイドに設置され、着陸時にはわずか15秒で展開されます。
 
Airlander 10は全長92m、幅43.5m、高さ26mで、民間企業のHybrid Air Vehiclesが整備をすすめています。そのペイロードは最大10トンにも達し、運送用だけでなく乗客輸送、されにはレスキューやモニター業務での利用も想定されています。こんな巨大な飛行船で空を散歩できたら、なんとも気持ちよさそうですね。
 
Image Credit: Hybrid Air Vehicles
■World’s largest aircraft gets back in the air
http://newatlas.com/airlander-10-successful-flight-test/49478/

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、VR Inside、DIGIMONO!、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報