ロケットラボ「エレクトロン」初打ち上げ 軌道到達以外は成功 月面探査レースに刺激

スペシャリスト:
Sponsored link

20170525nele1
 
民間で開発を進め、月面探査レースチームの探査機打ち上げも契約しているロケットラボ社の「エレクトロン」ロケット。こちらが5月25日に初打ち上げをおこない、軌道到達以外は成功するという満足の得られる結果となりました。
 
エレクトロンは全長17mの小型ロケットで、太陽同期軌道に500kgの打ち上げ能力を持ちます。今回ニュージーランド北部で行われた打ち上げでは、第1段ブースターの燃焼、ロケット第2段の分離、第2段の点火、ペイロード・フェアリングの分離までは成功しています。
 
エレクトロンは小型人工衛星「CubeSat」などの打ち上げが可能で、すでにNASAだけでなく複数の民間企業との契約を結んでいます。またその中には、民間初のロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」のアメリカチーム「Moon Express」もあります。Google Lunar XPRIZEは2017年内に打ち上げ準備を整える必要があるため、今回の打ち上げにはMoon Expressのメンバーもほっと一安心、といったところでしょう。
 
Image Credit: Rocket Rab
■Videos: Rocket Lab’s Electron rocket lifts off for first time
https://spaceflightnow.com/2017/05/25/videos-rocket-labs-electron-rocket-lifts-off-for-first-time/

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、VR Inside、DIGIMONO!、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報