「H3」ロケットの「LE-9」エンジン、燃焼試験を実施

スペシャリスト:
Sponsored link

20170530nle9
 
JAXAは2017年5月22日、ロケットエンジン「LE-9実機型#1-1」の第4回となる燃焼試験を行いました。実験は種子島宇宙センターで行われ、10.5秒の試験が実施されました。
 
この「LE-9」はエンジンサイクルに「エキスパンダ・ブリード・サイクル」を採用。JAXAの次期ロケット「H3」の第1段に搭載されます。エンジン出力は150トンで、「H-II」ロケットに搭載された「LE-7」エンジンの112トンから大幅に推力が向上します。
 
なお現在運用されている「H-IIA」ロケットは2023年に運用を終了し、H3は2020年に種子島から試験機1号機が打ち上げられる予定です。

 
明日6月1日には「H-IIA」ロケットによって準天頂衛星システム「みちびき2号機」が打ち上げられますが、こちらの打ち上げも楽しみに待ちたいですね。
 
Image Credit: JAXA
■第4回 H3ロケット用LE-9実機型#1-1エンジン燃焼試験結果
http://www.rocket.jaxa.jp/engine/le9/2017/170522.html

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報