JAL国内線の機内インターネットが「ずっと無料宣言!」 国内線で唯一

スペシャリスト:
Sponsored link

20170621njal
 
JAL(日本航空)は、国内線向けの機内インターネットサービスを期限無しで無料提供することを発表しました。国内線でこのようなサービスを開始するのは、JALが初めてとなります。
 
機内インターネットとは、機内のアクセスポイントにスマートフォンやパソコンからWi-Fi経由で接続して、インターネットを利用するサービス。メールやウェブページの閲覧には十分利用できます。JALは2014年7月から機内インターネットサービスを有料にて提供してきました。
 
機内インターネットが無料となるのはJAL・JTAの国内線機内Wi-Fiサービス対応機材のすべての便。対応機材は777-300型機、777-200型機、767-300型機、737-800型機となります。サービスプロバイダーは「Gogo」となり、離陸約5分後から着陸約5分前まで利用可能。ただし、飛行エリアや時間帯によっては接続が不安となることもあります。
 
機内インターネットは利用開始まで少し手続きが必要なことがありますが、一度利用すればその利便性の高さは誰もが納得できるものです。このまま国際線の機内インターネットの無料キャンペーンを開始する航空会社が現れれば、さらなる顧客獲得につながることでしょう。
 
Image Credit: JAL
■JAL国内線 「ずっとWi-Fi無料宣言!」
http://press.jal.co.jp/ja/release/201706/004314.html


Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、VR Inside、DIGIMONO!、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報