「木星」の大赤斑から丸みまでをまるっと見てみよう

スペシャリスト:
Sponsored link

20170821njupi
 
以前にも木星の大赤斑の接近観測を行い、その新たな姿を次々と解き明かしている探査機「ジュノー」。そのジュノーが撮影した木星からのデータを天文愛好家のEichstädt氏とSeán Doran氏が現像し、新たな迫力ある撮影画像が公開されました。
 
今回の写真は、ジュノーに搭載された観測機器「JunoCam」で2017年7月10日に撮影されたもの。撮影高度は土星大気から約1万6500km上空で、ジュノーが7回目の接近飛行を行っている最中に行われました。画像の木星は左側が北、そして右側が南となっています。
 
なお、ジュノーが撮影したRAW画像はこちらのミッションサイトから誰でもアクセスすることができます。画像現像の腕に自身がある方や、現像の練習に使ってみたい方は、ぜひお試しください。
 
Image Credit: NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Gerald Eichstädt /Seán Doran
■Jupiter: A New Point of View
https://www.nasa.gov/image-feature/jpl/pia21778/jupiter-a-new-point-of-view

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報