アメリカで観測した「皆既日食」を360度タイムラプス動画でお届け

スペシャリスト:
Sponsored link

20170828nsolar
 
2017年8月21日の午後(現地時間)に、アメリカを横断するようにして発生した皆既日食。その様子は地上からも、そして宇宙からも撮影されていますが、今回ご紹介するのはNASAのフェイスブックアカウントにて公開された、皆既日食の360度タイムラプス動画です。
 

Sponsored link

 
全米14州を横切った皆既日食ですが、今回撮影が行われたのはアメリカ西海岸に近いアイダホ州。撮影に参加したのはWilliam Briscoe Photographyです。動画では太陽が月で隠れる様子だけでなく、地上が一瞬で暗くなる様子もはっきり観察できます。皆既日食のわずかな最中には一瞬体感温度が下がるとよく言われますが、動画を見るとその感覚が体験できると思います。
 
このように世界中の人の目を楽しませてくれた皆既日食ですが、日本でも2035年の9月2日、同じような皆既日食が観察できます。皆既日食が発生するのは北陸地方から中部地方北部や関東地方北部、東北地方南部まで。今から18年後と少し間隔は空きますが、その日を楽しみに待ちたいものです。
 
Image Credit: NASA
■NASA(Facebook)
[https://www.facebook.com/NASA/videos/10155535589936772/]

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、VR Inside、DIGIMONO!、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報