宇宙ドローン「Int-Ball」、今年冬に宇宙へいく金井飛行士との出会いが公開

スペシャリスト:
Sponsored link

20170829nint
 
国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」で活躍する、宇宙ドローン「Int-Ball」。これまでもその活動や仕組みが「Int-Ballだより」によって明かされてきましたが、最新号の「Int-BallだよりVol. 4:金井宇宙飛行士との出会い」ではそのタイトルの通り、今後の宇宙飛行士とのミッションについて特集されています。
 

 
金井宇宙飛行士といえば、2017年12月頃からISSで長期滞在を行う予定の宇宙飛行士。また、先日にはJAXAの職員の方とご婚約されたこともニュースになりました。
 
さてInt-Ballは地上の管制室からコントロールされ、宇宙飛行士と共同で作業を行います。そのため、作業前の打ち合わせが重要なんですね。地上で行われた打ち合わせではInt-Ballのカメラモジュールの仕組みを説明したり、宇宙空間での動作を想定した説明があったそうです。

Sponsored link

搭載されたカメラによる動画や静止画の撮影で、宇宙飛行士を手助けするInt-Ball。今年の秋には金井宇宙飛行士との息の合ったコンビが見られそうですね!
 
Image Credit: JAXA
■Int-BallだよりVol. 4:金井宇宙飛行士との出会い
[https://www.youtube.com/watch?v=cZYRdieztow]

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報