PRODRONE、トンネル内検査から夜間撮影用まで新ドローンを複数発表

スペシャリスト:
Sponsored link

20170908ndrone2
国内ドローン開発メーカーのPRODRONEは、新型ドローンを5機種発表しました。内容は高速自動ヘリコプター型ドローンの「PDH-03」、トンネル内検査ドローンの「PD4-AW-S」、夜間撮影用ドローンの「PD8-AW-HS」、高圧電線検査ドローンの「PD8-AW-HR」、山岳果樹園農薬散布ドローンの「SMX X-F1」です。これらのドローンはラスベガスで開催中の「InterDrone 2017」でも展示されます。
 
まず上のドローンは、トンネル内検査ドローン「PD4-AW-S」。複数のレーザーシステムを搭載し、GPSが利用できない場所でも自動飛行が可能です。また予期せぬ障害物を自動で回避しつつ、撮影した映像はオペレーターへと自動送信されます。
 
20170908ndrone1
 
そしてこちらは、ヘリコプター型ドローン「PDH-03」。時速200kmを超える高速自動飛行が可能で、さらに簡単に操作できるとのこと。また自動離着陸や高速旋回、セキュアなデータ送受信が可能となっています。
 

20170908ndrone3

 
次は、夜間撮影用ドローン「PD8-AW-HS」。キヤノン製の超高感度カメラを搭載し、月明かり程度の暗闇でも鮮明な映像やカラー画像をオペレーターへと送信できます。またオートパイロットによる点検作業も可能です。
 
20170908ndrone4
 
こちらは高圧電線検査ドローン「PD8-AW-HR」。予め指定した点検コースを自動飛行士つつ、キヤノン製の高解像度カメラで撮影した画像をオペレーターへと送信します。また画像認識技術により、鉄塔と鉄塔の電線にそって飛行することも可能です。
 

20170908ndrone5

 
最後は、山岳果樹園農薬散布ドローン「SMX X-F1」。3Dオートパイロットシステムを搭載し、10Lのタンクを搭載してピンポイントで正確に農薬を噴霧できます。飛行コースはタブレット端末上から簡単に指定できます。また機体の丸洗いが可能です。
 
Image Credit: PRODRONE
■NEWS
https://www.prodrone.jp/news/

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、VR Inside、DIGIMONO!、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報