ボーイング、動作する「ジェットパック」開発コンペに約2億円の賞金提供へ

スペシャリスト:
Sponsored link

20170927njet
 
最近は空飛ぶクルマやタクシーが流行っていますが、はやり究極の飛行手段は背中の推進装置で体一つで浮かび上がる「ジェットパック」ではないでしょうか。そんな夢あふれるジェットパックの開発コンペティション「Go Fly Prize」に、ボーイングが200万ドル(約2.2億円)の賞金を懸けると発表しました。
 
このGo Fly Prizeでは2年後のゴールを目標に、実際に動作するジェットパックを製作します。ただし動作可能なだけでなく、「簡単に使え、一人でも使える飛行装置」であることが求められるんだとか。またVTOL(垂直離着陸)が可能で、燃料補給なしに20マイル(約32km)を飛行できる必要があります。
 
コンペティションは計画のみを提出するフェーズ1で10名の勝者に2万ドルが、フェーズ2ではプロトタイプを製作した10名の勝者に5万ドルが、そして2019年秋のフェーズ3では実際に飛行模様が審査され、200万ドルが提供されるのです。
 
これまでジェットパックは多くの企業だけでなく、個人でも開発が行われてきました。ボーイングが今後どれだけ本気でジェットパックの実用化に取り組むのかは不明ですが、もしかしたら近所の買い物くらいはジェットパックで済ませる時代がくるのかもしれません。なお、こちらのURLからはコンペティションへのエントリーが可能です。
 
Image Credit: Wikimedia Commons
■Boeing will give $2 million to anyone who can build a functional jetpack
https://www.theverge.com/2017/9/26/16362868/boeing-go-fly-prize-jetpack-competition

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、VR Inside、DIGIMONO!、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報