ANA、日本初のグランドハンドリング用シミュレーターを羽田空港に導入

スペシャリスト:
Sponsored link

20171004nana
 
ANA(全日本空輸)グループでハンドリングを担当するANAエアーポートサービスは2017年10月4日、日本で初めてトーイング・トラクターやパッセンジャー・ボーディング・ブリッジの訓練用シミュレーターを導入したと発表しました。
 
これまではトーイング・トラクターやパッセンジャー・ボーディング・ブリッジの訓練は深夜帯に行われていたのですが、今回シミュレーターを導入したことによってより効率的に訓練を実施することができます。またシミュレーターなので、イレギュラー時への対応訓練が行えるのもメリット。専用シミュレーターの開発は東急テクノシステムと共同で行われました。
 
発表によれば、これらの特殊機材を利用したオペレーター育成訓練は10月初旬から開始されます。これにより、これまで以上に安全かつ高品質な空港ハンドリング業務を目指すそうです。
 
Image Credit: ANA
■日本初、羽田空港にグランドハンドリング用シミュレーターの導入
https://www.ana.co.jp/group/pr/201710/20171004.html

Sponsored link
タグ: , ,
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、VR Inside、DIGIMONO!、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報