ヨシが世界一!エアレース最終戦で室屋義秀が優勝、年間チャンピオンに(速報)

スペシャリスト:
Sponsored link

DSC00217

2017年10月15日(米国東部時間、日本時間10月16日)、レッドブルエアレース・インディアナポリス大会で室屋義秀選手が今季4回目の優勝を果たした。この結果、室屋選手は年間ポイントでもトップになり、初のワールドチャンピオンに輝いた。

DSC09903

本大会前の時点で室屋選手の年間ポイントは、トップのマルティン・ソンカ選手(チェコ)に次ぐ2位。今大会では2位以上の差をつけて勝つ必要があった。前日の予選の結果、室屋選手は初戦の「ラウンド・オブ14」でソンカ選手と直接対決という組み合わせに。これに見事勝利した室屋選手だったが、ソンカ選手は「最速の敗者」となって復活。2回戦の「ラウンド・オブ8」には両者勝ち残り、決勝戦の「ファイナル4」に勝負がもつれ込んだ。

Sponsored link

「ファイナル4」で室屋選手は1番最初に飛行し、1分3.026秒という今大会最速記録を樹立。ソンカ選手はこの日最後の飛行順となったが室屋選手の記録を破ることができず、室屋選手の優勝が確定。またソンカ選手は4位になったため室屋選手の年間チャンピオンも決定した。

DSC02908

表彰式後の記者会見には「インディ500」で今年優勝した佐藤琢磨選手も駆けつけ、インディアナポリスでの日本人ダブル優勝を世界中のメディアが祝福した。

Image Credit: 大貫剛

Sponsored link
大貫 剛
東京都庁に技術職職員として11年間勤務後、民間宇宙開発を志して退職。ベンチャーを経て、宇宙開発や前職の経験を生かして公共事業に関する解説などの、情報発信をしている。宇宙作家クラブ会員。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報