本戦直前!レッドブルエアレース インディアナポリス大会最新情報

スペシャリスト:
Sponsored link

DSC02798

TBSの宇内梨沙アナウンサーも応援に駆け付けた。10月18日(水)の「ニュース23」で放送予定とのこと。

2017年のレッドブルエアレースを締めくくるインディアナポリス大会も、本稿執筆より約2時間で本戦が始まる。その大会直前の模様を急いでお伝えしよう。

気温が26度程度まで上がり快晴に恵まれた予選日と異なり、今日は朝から小雨と強めの風。予報では雨は正午頃には止むが、気温は15度以下まで下がる模様だ。まずは室屋義秀選手と、現在トップのマルティン・ソンカ選手(チェコ)のコメント。

エンジンは万全、気温は下がるほどいい~室屋選手

DSC02809

一昨日のプラクティス1・プラクティス2では最速タイムを記録したものの、昨日の予選では大きくタイムを落とし11位になった室屋選手。

「昨日は6気筒のエンジンのうち1気筒の出力低下が起きていたが、問題は解決された。今日は気温が下がって空気密度が上がっているので、抵抗が小さい自分の機体が有利だ。ファイナル4に進出できれば勝てると思っている」

Sponsored link

日本のファンに注目されて嬉しい~ソンカ選手

DSC02824

「エンジンの出力が若干低下しており、原因を調査中だ。今日の気象条件は昨日や一昨日とは全く違う。作戦は完全に組み直しだ。日本のファンはみんな室屋選手を応援していると思うが、多くのファンに注目されて嬉しい」

ポドランセック選手、最後の舞台へ

DSC02744

また今シーズンでの引退を表明したピーター・ポドランセック選手(スロベニア)は最後の舞台を前に、多くの選手やスタッフに囲まれて祝福を受けた。室屋選手は「ピーターの本拠地飛行場はヨーロッパ戦では自分達も利用していて、一緒に戦ってきた。エアレースから引退しても彼は空の友人だ」と語った。

DSC02834

Image Credit: 大貫剛

Sponsored link
大貫 剛
東京都庁に技術職職員として11年間勤務後、民間宇宙開発を志して退職。ベンチャーを経て、宇宙開発や前職の経験を生かして公共事業に関する解説などの、情報発信をしている。宇宙作家クラブ会員。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報