かぐや、月地下に巨大空洞を確認 長さ50kmほど 月面基地の建設候補地にも

スペシャリスト:
Sponsored link

20171018nmoon
 
JAXAなどのチームは2017年10月18日、月周回衛星「かぐや」のデータから月の地下に巨大な空洞があることを確認したと発表しました。
 
20171018nmoon9
 
かぐやは電波レーダーや月レーダーサウンダーを利用し、月の火山地域の地下の数10mから数100mに、複数の空洞を確認。もともと月には巨大な縦穴があることが知られていましたが、そのうちの一つはこの縦穴を東端として西に約50km伸びる大きなものとのこと。
 
月には過去に溶岩が流れた跡となる「溶岩チューブ」の存在が予測されていました。今回の地下空洞はその溶岩チューブや月の進化の研究に役立つことが予測されます。さらに放射線を低減できる地下空洞は月基地の建設候補地としても期待できるのです。
 
かぐやは2009年に、マリウス丘にて直径深さ50mの縦穴を発見していました。そして月レーダサウンダーの反射から、今回の地下空洞の存在が判明したのです。ただし、このように地上に口を空けた地下空洞は少ないことも予測されています。

Sponsored link

現在アメリカは月の有人探査を再開すると発表しており、日本でもアメリカと協力しての日本人宇宙飛行士の派遣が提案されています。ここに来て、再び人類の月進出への期待が大きく盛り上がってきたと言ってよさそうです。
 
Image Credit: ISAS、JAXA
■月の地下に巨大な空洞を確認
http://www.isas.jaxa.jp/topics/001156.html?platform=hootsuite

Sponsored link
タグ: , ,
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報