12月4日0時47分は2017年最初で最後のスーパームーン 2018年1月にも接近

スペシャリスト:
Sponsored link

20171023nsuper
 
いまや一般的な言葉になりつつある「スーパームーン」。これは単純に満月が地球に接近して特に大きく見える日を意味し、正式な天文用語ではないのですが、天文への興味へと私達をいざなってくれます。そして2017年12月4日は今年最初で最後のスーパームーンなんです。
 
2017年12月4日は0時47分に満月となり、17時46分に近地点(地球に最も近くなる点)を通過します。満月時の地球からの距離は約35万8000km、視直径は33分22秒角。また近地点通過時の地球からの距離は約35万7500kmとなります。地球と月の平均距離は約38万4400kmなので、今回のスーパームーン時には月が14%弱大きく、30%弱明るくなるようです。
 
なおスーパームーンという言葉があるように、月と地球の距離は一定ではありません。これは月が楕円軌道を描いて移動していることと、その起動が地球や太陽の重力の影響を受けるからです。さらに、2018年1月2日には12月4日よりもさらに大きな満月(スーパームーン)が見られるはずです。

Sponsored link

Image Credit: 国立天文台
■今年最大の満月(2017年12月)
https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2017/12-topics01.html
■Supermoon 2017: When and How to See December’s ‘Full Cold Moon’
https://www.space.com/34515-supermoon-guide.html

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報