スペースXの超大型ロケット「ファルコン・ヘビー」、12月後半に打ち上げか

スペシャリスト:
Sponsored link

20171102nheavy
 
宇宙開発企業のスペースXが開発を進め、今年11月の打ち上げが予定されていた超大型ロケット「ファルコン・ヘビー」。こちら、Nasa SpaceFlishtの報道によれば2017年12月後半に打ち上げが実施されるようです。
 
ファルコン・ヘビーはケネディ宇宙センターの第39A発射場からの打ち上げが予定されています。そしてスペースXは12月中旬にファルコン・ヘビーのスタティック・ファイアテストを行い、12月29日以降に打ち上げを行うようなのです。
 
ファルコン・ヘビーは「ファルコン9」ロケットの第1段を3本束ねたような形状をしており、さらに打ち上げにあたって構造が強化されています。すでにコアやサイドのブースターは点火試験を終えており、現在は水平統合施設(HIF)にて保管されています。
 
ファルコン・ヘビーは低軌道(LEO)に6万3800kg、静止トランスファ軌道(GTO)に2万6700kg、そして火星に1万6800kgの打ち上げ能力の持ち、荷物だけでなく有人探査の際の宇宙船の打ち上げにも利用される予定です。
 
Image Credit: スペースX
■SpaceX aims for late-December launch of Falcon Heavy
https://www.nasaspaceflight.com/2017/11/spacex-aims-december-launch-falcon-heavy/

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報