「レグルス食」が11月11日から12日に発生 下弦の月と一緒に楽しもう

スペシャリスト:
Sponsored link

20171110nreg1
 
2017年11月11日から12日かけて、レグルスが月に隠される「レグルス食」が発生します。国立天文台によれば、日本では福岡などから東の地域で、レグルスが月の向こうから姿を表すのが観察できそうです。
 
レグルスはしし座のα星(1番明るい星)で、ほぼ黄道上に位置しています。明るさは1等星で、複数の星がお互いの周りを回っている多重連星の1つ。また、レグルスはラテン語で「小さな王」を意味しているそうです。
 
さて今年のレグルス食ですが、11月11日と12日には0時30分過ぎに東の空で月と一緒に昇ってきます。レグルスが隠れるのが観察できるのは札幌で、11月11日の23時46.3分。一方レグルスが現れる様子は、福岡や京都、東京、仙台、札幌で11月12日0時32.3分から0時42.9分にかけて見られます。東京の場合は0時33.8分で、各地の正確な出現時刻はこちらのページをごらんください。
 
11月11日と12日は下弦の月で、tenki.jpで東京の予報を見ると、当日の夜の星空指数は90/100とかなり天体観測に適しているようです。双眼鏡があると特によくレグルス食が観測できるそうなので、土曜日の夜は寒さに気をつけて夜空を見上げるのもよさそうです。
 
Image Credit: 国立天文台
■11月11日から12日 レグルス食(2017年11月)
https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2017/11-topics01.html
(文/塚本直樹)

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報