国立天文台、「夏の夜、流れ星を数えよう 2015」キャンペーンを実施

スペシャリスト:
Sponsored link

Perseids
Image Credit: NROJ
 国立天文台は、毎年8月12日、13日頃に活発に流星が出現する「ペルセウス座流星群」を多くの方々に観察していただけるよう、「夏の夜、流れ星を数えよう 2015」という天文現象観察キャンペーンを実施する。
 今年のペルセウス座流星群は、極大は日本では昼間に当たるものの月明かりの影響は全くなく、よい条件で観察できることが期待されている。
◎概要
○名 称:「夏の夜、流れ星を数えよう 2015」 キャンペーン
○観察対象:流星(ペルセウス座流星群)
○実施期間:8月12日(水)夜から15日(土)朝まで
○対 象:どなたでもご参加いただけます
○内 容:
  観察した流星の数や観察時間等を下記のキャンペーンページから報告する
◎詳細
 ペルセウス座流星群は、毎年多くの流星が出現する流星群として知られています。
 今年の極大は8月13日午後3時30分頃と予想されており、その前後の夜、12日の夜半から13日の未明にかけてと、13日の夜半から14日の未明にかけて、流星群の流星が特に多く出現すると考えられます。8月14日が新月で月明かりの影響が全くないため、最も多いときで1時間当たり30個以上の流星を見ることができるかもしれません。
 国立天文台では、できるだけ多くの方にペルセウス座流星群の流星を観察していただこうと、8月12日の夜から15日朝までの期間に「夏の夜、流れ星を数えよう 2015」キャンペーンを実施いたします。
 お子さんの夏休みの自由研究のテーマなどとしてキャンペーンに参加し、星空に親しんでいただけたらと考えています。
◆インターネット上でのペルセウス座流星群の生中継も予定しています。
(後日キャンペーンページよりリンク予定。悪天候などで中止になることがあります。)
■夏の夜、流れ星を数えよう 2015〜ペルセウス座流星群を眺めて、みんなで報告しよう
http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20150812-perseids/

Sponsored link
鳥嶋 真也
ライター。宇宙作家クラブ会員。 宇宙開発、宇宙科学の分野で執筆活動を行っている。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報