トヨタ、「空飛ぶクルマ」目指すCARTIVATORに4250万円出資

スペシャリスト:
Sponsored link

20170516ncar
 
空飛ぶクルマの開発を目指すCARTIVATOR(カーティベーター)は、トヨタ自動車株式会社とそのグループから3年間で4250万円の支援を受けることが決定したと発表しました。
 
20170516ncar2
 
CARTIVATORを運営する一般社団法人CARTIVATOR Resource Managementは、愛知県豊田市にて空飛ぶクルマの開発を目指してます。なんでも、2020 年東京オリンピック・パラリンピックでの空飛ぶクルマによる聖火点灯を目指しているんだとか。
 
公開された写真を見るに、現時点でプロジェクトが実験を行っているのは人の搭乗しないクアドロコプター型のドローンのようです。しかしCARTIVATORは車輪を搭載した一人乗りの空飛ぶクルマのイメージも公開しており、最終的にはこちらの実現を目指すものと思われます。
 
空飛ぶクルマについては、海外でより自動車としての走行能力や飛行能力を高めたスロバキアベースのAeroMobileによる「Flying Car」の予約がスタートしています。21世紀はモビリティの形がより自由になることを期待したいですね。
 
Image Credit: CARTIVATOR Resource Management
■トヨタグループ15社より、今後3年間で総額4,250万円の支援が決定
http://cartivator.com/news/129

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、VR Inside、DIGIMONO!、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報