空が透けて見える?エアバスの超豪華ジェット機発表

スペシャリスト:
Sponsored link

ACJ319 Infinito Conference & Dining_1

フランスの航空機メーカー、エアバスはプライベートジェットの新しいキャビン(客室)デザインを発表しました。

発表されたのは、小型ジェット旅客機「A319neo」をプライベートジェット化した「ACJ319neo」の新しい機内デザイン「インフィニート(無限)」。イタリアの自動車メーカー「パガーニ・アウトモビリ」とのコラボレーションによる機内の特徴は、空が透けて見えるような天井です。

Sponsored link

この天井はスクリーンになっており、実際の空をライブビューで投影できるほか、他の画像を表示することもできます。また座席だけでなくカーペットも革張り、木目調の床とエレガントな曲線で構成された白い壁面は統一感があり、ラウンジスペースと会議室の仕切りはボタンひとつで透明にも、不透明にもできます

以前、エアバスは壁や天井が透明な飛行機のコンセプトを発表したことがありますが、このデザインはそれに一歩近付くものとも言えそうです。ただ、ACJ319neoは一握りのお金持ちしか搭乗できない超VIP機。エアラインの普通の旅客機にもこんな機能が装備されるのが待ち遠しいですね。

Image Credit: Airbus

Sponsored link
大貫 剛
東京都庁に技術職職員として11年間勤務後、民間宇宙開発を志して退職。ベンチャーを経て、宇宙開発や前職の経験を生かして公共事業に関する解説などの、情報発信をしている。宇宙作家クラブ会員。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報