米空軍の謎の無人宇宙往還機「X-37B」、今年9月初旬の打ち上げで準備中か

スペシャリスト:
Sponsored link

20170818nnazo
 
これまで4回地球と宇宙を行き来してきた、アメリカ空軍の無人宇宙往還機「X-37B」。そのミッションの全貌が明かされないことから「謎のスペースプレーン」などと呼ばれることもある同機ですが、次回の打ち上げが2017年9月初旬になることが海外にて報じられています。
 
ボーイングによって製造されたX-37Bは小型の「スペースシャトル」のような形状をしています。同機の全長は8.8メートル、翼長は4.6メートル、全高は2.9メートル。また4,990kgのペイロードを備えています。そのミッションの目的は再利用可能な宇宙往還機の開発にあるとされていますが、その詳細は明かされていません。
 
次回の打ち上げミッション「Orbital Test Vehicle-5 (OTV-5)」は、ケネディ宇宙センターの第39A複合発射施設から、スペースX社の「ファルコン9」ロケットによって行われる予定です。またそのペイロードとして、長期の宇宙環境における電子・オシレーションヒートパイプの実験を行う「ASETS-11(Advanced Structurally Embedded Thermal Spreader)」が搭載されます。
 
これまで4回のミッション「OTV-1」「OTV-2」「OTV-3」「OTV-4」で、それぞれ224日、468日、674日、718日と軌道上に滞在してきたX-37B。次回の滞在日数はまだ明かされていませんが、それなりに長期となることでしょう。
 
Image Credit: U.S. Air Force
■US Air Force Prepping Mysterious X-37B Space Plane for September Launch
https://www.space.com/37831-air-force-x-37b-september-launch.html

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、VR Inside、DIGIMONO!、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報