室屋選手、善戦実らず 優勝はソンカ選手 レッドブル・エアレース:第6戦ポルト大会

スペシャリスト:
Sponsored link

20170903nporto33

2017年9月3日(現地時間)に決勝戦を迎えた、「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2017シーズン 第6戦ポルト大会」見事優勝を飾ったのはチェコのマルティン・ソンカ選手で、日本の室屋義秀選手は6位となりました。
 
ラウンド・オブ・8でソンカ選手と対峙した室屋選手。室屋選手はペナルティなどの結果1分8秒414となり、1分7秒台を出したソンカ選手に敗れてしまいます。一方決勝戦では、ソンカ選手は1分7秒229という素晴らしいタイムを叩き出しての優勝。2位はカナダのピート・マクロード選手で1分7秒342、3位はオーストラリアのマット・ホール選手で1分8秒508でした。
 
この結果、混戦状態だったシーズンランキングはソンカ選手が54ポイントで1位、ピート選手が50ポイントで2位、アメリカのカービー・チャンブリス選手が47ポイントで3位に。そして室屋選手は44ポイントで4位となりました。
 
次回のレッドブル・エアレースは、9月16日と17日にドイツのラウジッツで開催されます。
 
Image Credit: 塚本直樹
■レッドブル・エアレース
http://airrace.redbull.com/ja_JP/event/poruto#live

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報