ANA、エアバスから「A321neo」導入 9月中旬に国内線就航 全席シートモニター装着

スペシャリスト:
Sponsored link

20170907nair
 
ANA(全日本空輸)は9月7日、エアバス社から「A321neo」を受領したことを発表しました。日本の航空会社としては初の受領となり、9月中旬から国内線の羽田発着路線の定期便で運航が開始されます。
 
A321neoは従来機のA321ceoと比べ燃費効率が15%向上しているのが特徴です。ANA仕様では国内線仕様機としてプレミアムクラス8席、普通席186席を設定。プレミアムクラスでは電動リクライニングシートを、そして全席にタッチパネル式パーソナルモニターを完備しています。また機内インターネットサービス「ANA Wi-Fiサービス」も利用可能です。
 
ANAは今後、エアバス機として2023年度末までに8機のA320neo、21機のA321neo、そして3機のA380を導入する予定です。
 
Image Credit: ANA
■国内線仕様機としてはANA初、全席シートモニター装着のA321neo導入
https://www.ana.co.jp/group/pr/201709/20170907.html

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報