スペースX、地球全土を1時間以内で移動できる宇宙船旅行計画を発表

スペシャリスト:
Sponsored link

20170929nx2
 
宇宙開発企業のスペースX社は2017年9月29日、国際宇宙会議(IAC)で新型ロケットと宇宙船による地球旅行計画を明かしました。これは地上の多くの地点を30分程度、そしてあらゆる地点を1時間以内に移動できるという、非常に野心的なものです。
 
オーストラリアのアデレードで開催されたIACで、「ファルコン9」や「ファルコンヘビー」、そして「ドラゴン宇宙船」などを置き換える新型ロケット「BFR」を発表したスペースX。このBFRは宇宙開発や月、火星探査に使われるのはもちろんなのですが、このBRRと同等のシステムで、たとえばNYからパリを30分程度で結ぼうとしているのです。
 
BFRはファルコン9と同じく、再使用可能なロケット第1段と宇宙船から構成されます。宇宙船の全長は48m、直径は9m、重量は85トンと巨大なもの。そして大気圏外を時速2万7000kmで飛行し、ロケット第1段と宇宙船は別々に地上やドローン船へと着陸するのです。
 
現時点ではこの地球旅行計画の詳細や、開始時期や代金に関する情報は明かされていません。しかしもし現実すれば、まさに人類の歴史の中で最も革新的な移動手段になることは間違いないでしょう。
 
Image Credit: スペースX
■スペースX
http://www.spacex.com/

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリストとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、sorae.jp、VR Inside、DIGIMONO!、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。 お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→https://goo.gl/o7ehz3

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報