「ふたご座流星群」12月中旬に観察キャンペーン実施 今年は比較的良い条件

スペシャリスト:
Sponsored link

20171110nhutago
 
国立天文台は、2017年12月14日16時頃に極大を迎える「ふたご座流星群」の観察キャンペーン「ふたご座流星群を眺めよう 2017」を実施します。

このキャンペーンでは12月12日の夜から15日朝までの流れ星を観察し、報告するというもの。報告は12月12日正午より受け付けます。また報告後のアンケートに答えた人の中から抽選で10名に「国立天文台オリジナルグッズ」がプレゼントされます。

ふたご座流星群は1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群とともに3大流星群の一つに数えられます。また20時頃から流星が楽しめるのも特徴で、時期は冬となりますが観察しやすい流星群といえるでしょう。
 
国立天文台によれば、2017年のふたご座流星群は月の影響がほとんどなく、比較的良い条件で観察できるそうです。極大は14日の日中ですが、見頃となるのは14日の0時過ぎを中心とした数時間となります。期待できる流星の数は、最も多いときで1時間あたり40個程度。また12日や14日の夜にも、流星が楽しめそうです。
 
Image Credit: 国立天文台
■ふたご座流星群を眺めよう 2017
https://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/201712-geminids/
(文/塚本直樹)

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報