小惑星/彗星の「A/2017 U1」が太陽系外から飛来し通過 初観測の可能性

スペシャリスト:
Sponsored link

20171030na2017
 
ハワイ大学天文学研究所は、2017年10月19日に太陽系外から飛来した小惑星か彗星と思われる「A/2017 U1」を観測したと発表しました。
 
このA/2017 U1は9月から10月にかけて、太陽と水星の公転軌道の間を通過しています。またその軌道を計算した結果、この天体は太陽系外で誕生したものである可能性があるとのこと。そうだった場合、このように惑星間の物体が観測されたのは初めての例となります。
 
A/2017 U1のサイズは直径400メートル以下で、極めて高速で飛行しています。最初の観測はハワイ大学の「Pan-STARRS 1」望遠鏡で行われ、さらに追加観測からこの天体が太陽系外から飛来したものであることが判明しました。
 
lfAの天文学者のKaren Meech氏は、「惑星の形成過程で惑星系から多くの物質が放出されることは、これまでも予測されていました。しかし、今回のように惑星間の物質が通過したのは初めてなのです」と語っています。なお現在、A/2017 U1は太陽系から遠ざかりペガサス座の方向へと移動しています。
 
Image Credit: NASA
■Small Asteroid or Comet ‘Visits’ from Beyond the Solar System
https://www.nasa.gov/feature/jpl/small-asteroid-or-comet-visits-from-beyond-the-solar-system

Sponsored link
塚本直樹
IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報